2016年07月02日

良いサイレージ?

今年の野草酵素の話。

私は野草の絞りかす、発酵野草を殆ど活用していない。色々と用途があるけれど我家に合わなかったりするので、毎年大半を捨ててしまっている。犬メシの野菜替わりに使う手もあるけれど、発酵しているとはいえ素人仕事、砂糖の害がちらついてしまうのだ。

が、犬達の夕食の鍋にいつもの野菜ピューレ(冷凍)を入れるのを忘れてしまった。他にこれといった野菜もない。別に1日くらい野菜無しでも構わないけれど、捨て忘れていた発酵野草があったのを思い出して一掴み取り出してみた。

嗅ぎ慣れない匂いがしたので「腐敗したか?」と思ったが、いや、腐敗臭とは違う。ほのかに柑橘を思わせるような爽やかな匂いだ。で、昔読んだ「動物のお医者さん」を思い出した。
「良いサイレージはオレンジの香り」だ!
納戸に放置しただけだったけど、偶然にも素晴らしいものを作っちゃったのか?
P7030034 (233x300).jpg


牛と犬は消化システムが全然違うから、これが犬に最適のものと言えるかわからないけれど、これだけ変質したということは砂糖の害も案じるレベルではないかもしれない。断言できることは殆どないものの、出来立ての発酵野草ですら暴食しても消化器が不調をきたすことは一切なく、逆に下痢が治ってしまうほどであることをブランビーが体を張って示してきている(^^;。
よって週に2〜3回くらい?犬メシに混ぜてみようと思う。
posted by NAO at 00:00 | Comment(0) | 犬ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

Pumpkin Seeds

ごくごくたまのことだけどカーラが失禁、というより尿もれを起こすようになっていた。
うちの犬達は自ら水を飲む量が大して多くないので私は(主治医の指導により)彼らに結構な量の給水をしているし、この年齢の避妊♀なら仕方ないなと思いつつ、給水のタイミングを工夫することで頻度が上がらないようにしてきた。
が、パンプキンシードが尿もれに効くという情報を得た。尿もれと言っても色んな原因で起きるのでカーラに効くのかはわからないけれど、そう高価なものではなく(自分で作ってもいいのだけど我家は滅多にカボチャを食べないのだ)、リスキーなものでもないので試してみることにした。
粉末のものもオイルにしたものもあるけれど、今回はローストしただけのものを。
PC180001 (398x500).jpg


続きを読む
posted by NAO at 18:16 | Comment(0) | 犬ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

Brumby(生後9週)食事の覚書

生後12週の仔犬の予定が7週の仔犬に替わり、幼い分、少しはラクかと思っていた。実際12週ほどのパワーはないけれど、仔犬育てにラクなんてことはないね。私は甘かった。幼ければ幼いで大変だわ。
泥縄で離乳間もない犬の食事について勉強した。どうせ我家の犬飯は手作り食だし、いきなりドッグフードを使わずに少しずつ慎重に食材を増やして、将来アレルギーが出にくい体を作っていこうと計画した。

しかしいきなり頓挫。食べない。殆ど食べない。
どんなに良い食事でも皿に盛っただけで体は作れない(爆)


続きを読む
posted by NAO at 14:07 | Comment(2) | 犬ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

手作り食についてまとめ

低レベルながらも犬ごはんについて試行錯誤してきて、
また、手作り食仲間と情報交換をしてきて思うのは
「食事に一般論としての“正しいレシピ”などない」
ということだ。身に沁みたと言ってもいい。

この犬に最高の食事が別の犬には最低ということは普通に起こる。
うちの連中は手作り食への適応度がかなり高くてラクなのだが
どんなに「素晴らしくカラダに良い」食事や食材であっても
(体が慣れるまで頑張ろうというレベルではなく)
不思議なくらい受け入れないことはアリなので
その場合の正解は勿論、情報ではなく犬側にある。
どんなに珍妙でも犬が元気に暮らせる食事が正解だ。
理論的に完璧なレシピの押しつけをしては
ある意味ドッグフードと同列になってしまう。
それが「完璧主義者には不向き」という本村氏の発言の
真意だったのかと後から思った。
須崎氏も同じようなことをセミナーで言われていたが
これは実際「必須な筈の補助食材」を抜いたら体調がUPした
という経験をして本当に身に沁みた。
考えなしでOKなのではなく、柔軟性を持てということか。

続きを読む
posted by NAO at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

試行錯誤

手作り生食を始めて快調な日々が過ぎた。
本村式とはいえ当方の事情で我流のアレンジ(レベルダウン)が
されたものだが、快調には違いなかった。
その年の末にカーラを迎えたが、親元が我家の食餌を考慮して
離乳食や幼犬食を与えてくれたのですんなり順応してくれた。
が、だんだん問題が表面化してきた。

1.調子に乗るとマンネリ化に陥るのはズボラ人間の王道だ。
メニューがマンネリ化すると「数日の中でバラエティを」
というポリシーが崩れてしまう。
犬が3頭になるとOリングで×がつかない食材をと思うと
選択範囲が狭くならざるを得ないというのもある。
(1頭ずつ別のメニューなんて面倒なことはしたくない)

2.普段は快調だが、季節の変わり目など年に2回ほど
全員が立て続けに下痢をするようになってきた。
大事に至らずに治ってはきたが、一過性のものではなく
1週間前後もひきずる性質のものなので気持が悪い。

3.カーラはともかくエリコルがどんどん痩せていく。
手作り食にしただけでいきなり500g落ちた。
これは痩せたというより締まった感じで気にはしなかった。
が、元々筋肉質だったのでシニアになって筋肉が落ちると
余分な肉がなくてガリガリになってしまった。
体調が悪くて痩せたときと違い、元気で毛艶もいいので
気にしないようにしていたが、ガリガリには違いない。
肉はこれ以上増やすと便が緩むほど食べさせており、
数字で書いたら大抵の小型犬の飼主が引くと思う。

4.これは食事が原因かどうか・・・
カーラの顎に白髪が生えてくるのが早すぎると思うが
ミネラル不足?
同じモノを食べているコルボは9歳を過ぎて白髪ゼロなので
体質なのかもしれないが。

続きを読む
posted by NAO at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

手作り食(+α)の効用

手作り食は大ヒットだった。
エリー編でも書いたが、彼女は実は

「ドッグフード以外の食べ物ならオールOK」

という、フード信者には大層ふざけた犬だったのだ。
コルカラには不得意食材が少ないながら存在するが
エリーには今まで拒絶した食材はない。生でも加熱でもOKだ。
何でも食べるし下痢など滅多なことではしなくなった。
食事への意欲執着が別犬のように向上して
お上品にまずそうに食事をしていたのが
恥ずかしいほど卑しくなった。

エリーもコルボも短期間で毛艶が変わった。
前から悪くはなかったが、
重い感じの艶がサラサラツヤツヤに変わったのだ。
シャンプーの必要性を感じるスパンがすごく長くなった。
目つきや動きが元気な方向に変わった。
元気と言ってもヒステリックな方向ではなく、力みなぎるといった感じだ。
これは食事の手柄と言っていいと思う。

食事の他、ワクチンスケジュールの見直し、定期的に使う薬剤(フィラリアや
ノミダニの予防など)の見直し、ホメオパシー治療などの影響も含めての効果
と思われるが、驚きたまげたことがある。

続きを読む
posted by NAO at 12:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 犬ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

不良主婦の手作り食

コルボの治療話から少々脱線。
カテゴリー「コルボ」ではおさまらないので
新カテゴリー「犬ごはん」で。
数回後にコルボの話に戻る予定。

今でこそかなりの市民権を得てきた手作り食だが
2001年12月当時はどちらかと言えば
マニアックで異端な空気の中にあった。
最初に読んだピトケアンの本でその魅力は感じられたが
外国の本だけあってレシピには入手困難な食材やサプリが
繊細かつ厳格な分量で配合されており、私に作れるとは思えなかった。

続きを読む
posted by NAO at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

インリン風つみれ汁♪

今日は地元のスーパーで秋刀魚が激安だった。
犬達に振舞ってやろうじゃないか。
うちの犬食は生食が基本だが、加熱食も時にはアリ。
新鮮そうな秋刀魚ではあったけど
今回は大事を取ってつみれ汁にしてみるレストラン




続きを読む
posted by NAO at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。