2017年08月19日

旅立つ者と見送る者と(AC@Cara)

ケル友でもあるプロのアニマルコニュニケーターに愛する野犬姉妹とお話してもらい、そのレポをとても丁寧なメールでいただいた。亡くなった犬は49日を過ぎたら話せるそうだが私は100日まで決心がつかなかった。こういうことは誰にでも分かるように証明はできないが、今までの経験で馬鹿にしたものでもないと感じている。問題はそれが自分のためになるのかだ。潜在意識下で安易な依存や逃避の理由を作ろうとしていないか?しかし自分だけで消化しにくい思いがあり、考えた末にお願いしたのだ。

カーラ。
彼女の話には愛にあふれながらも突き放されたような寂しさを感じさせられ、読み返したり思い出したりする度に泣いてしまう。今も泣いている。しかし私はやっと諦めがついたのだ。送らねばと思いつつできなかったカーラの訃報メールをオーストラリアに送れた。エリコルの時と違って触れなかったカーラの遺骨を取り出して散骨の決意と仕度ができた。やっと、やっと踏み出せた。お願いしてよかった。ありがとう、まりちゃん。



私の中のカーラはただただ天真爛漫でまっすぐな愛すべき田舎娘だった。が、レポの中の彼女はもっと凛として颯爽としたオトナの女性だった。「風」という表現があちこちに出てきた。

加齢による衰えで今まで出来たことが出来なくなったこと、ブランビーに威厳を示せなくなったことに傷ついていたと。それは私も知っていた。でも加齢は誰にでも訪れるものだから仕方ないよ。可愛いお婆ちゃんとして愛されながら若い頃とは違う生活を楽しんで欲しい。そんな犬はいくらでもいるじゃないか。私はずっと「今のカーラが可愛い」「そういうところも可愛いんだよ」と伝え続けた。最期の頃にも「どんなになっても可愛い。大好き」「安心してここにいなさい」と伝え続けた。カーラを励ます方便ってだけじゃなく、本当にそう思っていたから。
しかしカーラはずっと不本意だったみたい。元気で強くなければ恥ずかしいと。案外頑固でプライドが高かったみたいだ。そして体調が悪化すると「もういいやって思った」そうだ。私が眠っている瞬間に旅立ったのも狙ったらしい。涙のお別れとか「なんか性に合わなかったの」だそうで。大して苦しまなかったというのはちょっとホッとした。

カーラってこんな子だっけ?プライドの高さがエリーみたい。いや、エリーの方がまだ粘ってくれたぞ。エリーに何か言われたのかな?脳をやられたから粘りようがなかった?ああ、でもカーラはあんなに人間大好きだったけど眠るときだけは自分だけの空間を求める子だった。ひょっとしたら私も同じカテゴリーかもしれない。私も逝くときは誰彼に囲まれて・・・なんて想像しただけで鬱陶しい。1人静かに旅立ちたいと考えているのだ。でも世間一般の常識って「きちんと看取る」のをヨシとしていて、そうでありたいと言う人が多いし、犬達も看取ってやらねばと勝手に思っていた。「自分がそうだからヒト(犬)もそうだと思うな」って戒めていたんだけど、私の犬達はあちこち私と同じなのかなぁ。見送る側の視点から見ると残念で寂しく感じるものなんだね。

人間でも犬でも旅立つ本人と見送る側の息を合わせるって難しいのね。治療方針にしても最期についても。旅立つ本人を一番尊重しなくちゃいけないのに、見送る側に愛というか執着というか未練があるからお節介しちゃう。それって本人のためじゃなくて自己満足だってこと、厳しいけれど気づかなきゃなのね。愛と執着の境目、愛と依存の違いを見極めること、学んでいるつもりだけどまだまだだ。

他にも出会ってから成長していく頃の話をしてくれた。「最初NAOを試した」なんて生意気なことを言ってたけど本当?天真爛漫なだけじゃなかったの?でもちょっと思い出したことあるぞ。可愛いお試し(笑)。でも飼主としてカーラから「風のように爽やかな日々だった」って合格点をもらえて嬉しかった。
アジや水遊びが大好きだった。季節柄なのか「もう1回泳ぎたかったな〜」って。まりちゃんが「大好きだった場所のお水を供えてもらう?」って提案してくれたら喜んだみたいだから、次に行ったら必ず汲んでこよう。でもカーラ、本当は毎回の水遊びについてきて一緒に泳いでるんじゃないの?もう元気な頃に若返ってるんでしょ?

あとは飼主夫婦の心身のダメージを気遣ってくれて「傍にいるから」と言ってくれた。あと「またいつか会おうね」って。終始とっても爽やかで凛としているイメージ。まりちゃんにはカーラが時々人間の女性に見えたんだって。これはどういうことなのかわからないけれど。

セッションの全文について書いてはいないけど、ブログの記録としてはこんな感じで。まりちゃんのレポ原文は勿論大切に保存します。
posted by NAO at 00:00 | Comment(0) | カーラ(Cara) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]