2017年05月28日

OPDES秋ヶ瀬

この時期だから想定外ってことはないけど、くそ暑い日だった。テクミラーを知らなかった遠い昔、私達はどうやって車内の犬達を守っていたのだろう?7月の灼熱の仙台で2日間を過ごしたなんて信じられない。テクミラーがあっても車外は暑いのだからうんざり・・・と思うのは加齢のせいなのか?
今回もお得意のAGセットでエントリーしたが、私は馬鹿だった。AGは一番暑い時間帯と決まっている。来年の同じ時期のOPDESに出るならJPセットにして、午前7〜9時くらいで全てを終わらせてしまおう!うん、カレンダーに書いておかねば!( `◇´)ノ

(不参加だったけど)ジャパングランプリを終えて1区切りついたにも関わらず、3度のエントリーは多かった。むしろ普段より駐車場が混んでいた気がしたのは、ラリーオビディエンスのデモもあったからか?アジ引退犬の楽しみとして提案されていて、なかなか奥深く面白そうな競技らしいけれど(デモと出番が重なって見られなかった)、多分私の性格には向いていない。




アジ記録。

IFCS AG
コースはほぼスムーズに回せたと思う。しこたまバーを落としたけれど┏(=_=;)┓。
タイムは自分でも驚くほどに良かったのだけど、減点25点もくらっては話にならない。JKCでトップクラスのハンドラーはバーが落ちにくいハンドリングをしているな〜と気付いて先日ガン見してきた。私にそれを真似る身体能力があるのか甚だ疑問にしても、自主練のネタにしてみる意義はあるよね。


完走中の最下位だけど、極端すぎて笑える成績表。
18698286_1628057257236421_4357009364292677134_n.jpg


AG3
心にあるのはCRの2文字のみ。たとえタイムロスになってもバーを落としにくいラインで走らせようと堅いハンドリングを選択したつもり。が、私にとってはこのコースの正念場だったDW後の処理。トンネルから出てきたブランビーを左手で受けると決めていたのに、なぜなぜ右手が出ちゃったの〜?そこで全てが崩れ、ぐだぐだの失格になってしまった。ああ、サイテー。
その後で、ぶー様が私の左くるぶしに刺さるというアクシデントも発生した。ケルピーって人間への気遣いなくノーブレーキでぶつかってくるもんなぁ。しかもブーのスピードで。4年まえは右くるぶしに激突されて歩けなくなり、全治1カ月の負傷を負ったけれど、今回は怪我をしなかっただけで儲けものか?
しかし、ぶつかる前後のハードルが落ちなかったのは何のイヤミですか、ぶー様?


秋の大会までは長い夏休み!
こつこつ自主練していこう。私の手には余る本当に難しい犬だけど、難しいから面白いんだよね。センスがある人みたいには回してあげられないけど、練習が正しければ手応えはあるんだもの。簡単にCRさせてくれる犬なら多分こんなに真面目に練習しなかったかも。

posted by NAO at 00:00 | Comment(0) | アジリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]