2017年05月14日

埼玉北DO!アジリティー大会

OPDESのジャパングランプリと重なってしまったが、AG3のセミファイナル権すら持っていない我チーム、お気に入りのこちらの大会を選んでしまった。
18425472_1610665415642272_4401176961708017091_n (216x300).jpg

天気予報に傘マークがあったのを案じたが、カーラが守ってくれたのか暑くも寒くもないアジ日和。前日の雨はフィールドに全く悪影響を残してはいなかった。ありがとう、カーラ。でも一緒にいて欲しかったよ。一緒だと信じて疑っていなかったからカーラがゆっくり楽しめるようリンクサイドにタープを取ってあったのに。夫婦とブランビーだけでは快適だったけど広すぎたよ。
18425114_1610665435642270_8244956162802188083_n (188x300).jpg

エリーがあちこちに小さな爪痕を残した古いソフトクレート。さすがエリーというか、小さくても割と致命的な場所を狙っているので、ブーがちょっと本気出したら脱走は容易というシロモノ。これで待機させようというのだから私もチャレンジャーである。椅子で競技が見えないようにしたり、なるべくタープを留守にしないようにしたり気を付けたけれど、やむを得ずという時間が少しだけできる。その時は「黒い犬が走り回っています」というアナウンスがされないかドキドキしていたが、結果なかなかオリコウに待機してくれた。出番前の騒々しい荒ぶりようと思えばミラクルと言えたかも。やれば出来る子だね♪


さて、今回は遅ればせながらのJKC2度デビュー。
JP2
スラ進入ミス。距離があったので焦って走ったけれど、むしろ走りすぎず任せるべきだったか。その後は何度もバーが「カチッ」と動く音が聞こえたのでボロボロだなと思いながら走っていたが、なんと奇跡のバー落下ゼロだった!OMG!勿体ないことを!


AG2
なかなかの好タイムだったけど、バー3本もやっつけては箸にも棒にも掛からないよ(^o^;。
上手な人達の走りを眺めるに、犬の身体能力に関係ないバー落下はハンドラーの責任なんだなぁと感じた。ブーは反応が良すぎてハンドラーが変な動きをすると落とすって先生にも言われているのだ。


OPDESでは障害間のだだっ広さに苦しめられているが、コース難易度はJKCより遥かに低いと思っていた。大会によっては3度でもJKCの1.5度くらい?なんて。しかしそれでも私はOPDES3度で鍛えてもらっていたらしい。障害間がそう広くないJKC2度をそんなに難しいとは感じなかった(まあ別の大会なら違ったのかもしれないけれど)。あとはスタートとバー落下対策だよ、ぶー様。

という訳で、参加賞のTシャツをもらってとっとと帰宅した。今年はブランビーの年だったのでブラックシスターズで作ってもらった。
18486164_1610665458975601_6695143089819424362_n (203x300).jpg
posted by NAO at 00:00 | Comment(0) | アジリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]