2016年11月03日

TT2永久資格チャレンジ

ブーのTT運の悪さは呪いの域に達していると思う。本来ならば1年前のこの日に取得しているべきだった永久資格、迷走の末に再び永久チャレンジの日を迎えた。第3グループ。午後1番の開始だ。

この会場には色々と問題はある。相棒運が悪いのはブーだけの問題だけど、インドア人工芝なので毎回独特の匂いにやられる犬が続出する。この日も早めに到着してみると、前のグループのテストが大混乱中だった。1年前にブーもやられたウンチシッコ祭りだったのだ。聞けば前日にスタッフが(良かれと思って)消臭剤をまいたそうで、それが人間の嗅覚にも迫るほどの臭いだったらしい。それに混乱した犬がウンチシッコ → それを皮切りに後の犬達の祭りが始まった次第だとか。もうキャンセルして帰ろうかと真剣に考えたけれど、私も伊達に数々の失敗を経験してきた訳ではない。それを元に落ち着いて準備をしようと深呼吸してみた。





危ない会場なので、昼の給水は早めに少な目で済ませてある。受験後にまた飲ませればいい。時間に余裕があったので何度も排泄を促しつつ場慣れさせ、慣れない床でフセの練習をさせた。ここでは飼主に集中すべきなんだとアピールした。前日までも色んな環境下での作業を練習してきた。ブーの顔つきが今までより落ち着いていることを信頼して受験しよう。

ブーの1つ前の出番はスパイクだった。スパイクは毎回相棒運がいい。今回も優秀な相棒とともに順調に作業をこなして合格した模様。彼もまた相手にとって良い相棒になれたんだね。

次はブランビー。先攻だ。脚側は順調だったが、群衆で一瞬気が散った。更に行進中のスワレとフセで2コマンドを要するという失態。ブーはこういうものは1コマンドで出来るのが数少ない長所なのだ。こんなミスは前代未聞である。ずっとちゃんと作業していたのになぜ?と思ったらリンクサイドでチャブママがスパイクを連れたまま見学していたのだった(群衆のとき存在に気付いたのね)。そりゃその程度で浮つくブーが悪いとは言え、お互いの犬を知り尽くした仲であるのに何の恨みがあってそういうことを?ブーはオビではアジほど熱くならないんだよーっ!ヾ(`◇´)ノ彡☆

まあそれ以外は無事に進んで攻守交替。次は休止だ。相棒ちゃんは競技会レベルの素晴らしい脚側で歩いてきたので「最後にして初めて相棒に恵まれた!」と感激した。これはすぐに終わってくれるぞと。しかし・・・待てど暮らせど2番目の作業が始まらない。相棒ちゃんを見ずにブーだけに集中していた視線を少しだけ外してみると、あんなに美しい脚側をしていた相棒ちゃん、群衆作業でお鼻が床から離れなくなったまま石になってしまっていた。その後も掌握不能状態が続き、ブーはまたまた必要以上に長い長い休止をさせられたのだった┏(=_=;)┓

まあ何とか44.5点で合格。次はBセクション。ところがここにも罠があった。私の前のトリミングテーブルがガタガタだったので、ブーが驚いて飛び降りてしまった。そしてそのテーブルを警戒しまくる。そのテーブルだけ死にかけだったのね。他のテーブルを使わせて欲しいと願い出たらスタッフに謝罪され、ブーは床の上での触診テストで十分だと言ってもらえた。最後までどこまでもトラブルの連打だったけれど、やっとやっとTT地獄から卒業できた。


テストの後はフィールドでリフレッシュ!(画像は全てチャブママ提供)

どちらもよく頑張った!おめでとう!
14925516_1310235465687236_7244520185774504849_n (225x300).jpg

付き添って応援してくれた幸運の女神。
14925321_1310236135687169_2510066988176134570_n (225x300).jpg


遊びたおして仔犬のように伸びまくるデビル。
14962534_1310236142353835_8471943411059393028_n (225x300).jpg


勿論、人間達は夜に祝賀飲み会に繰り出したこと、言うまでもない。
posted by NAO at 00:00 | Comment(0) | ブランビー(Brumby) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]