2016年08月24日

カーラ負傷(T_T)

昨日(8月23日)朝、いつものフィールドに遊びに行って1週間ぶりのアジ練をした。カーラは練習というほどの必要はないので本犬が納得する程度で良かったのだけど、最後の最後にやってしまった。スラロームをすいすいこなしたカーラを褒めたらテンションが上がり、出口から少し走った正面にあるハードルを跳んでしまった。いやまあブランビーも夏中はミディアムに下げて練習しているからカーラでも跳べるし、跳んでも構わない。しかし張り切り過ぎてかなり踏切がかなり手前過ぎた。結果、飛越に失敗・・・しただけならいいが、凄い悲鳴を上げて地面に転がった。転がったまま起きようとせず、ずっと悲鳴を上げ続けている。

カーラは大雑把な性格な半面、かなりの大袈裟ちゃんだ。何かあって悲鳴をあげてビッコをひいたくせに、数分後には走り回るなんてことがある。だからしばらく様子を見たけれど、今回は負傷したことだけは間違いなさそうだ。ああ、何てこと!シニア犬は意欲に体がついてこない。若い頃と同じには出来ないのがわからないんだ。気を付けていたつもりなのにこんなことになるなんて私の管理不行き届きだ。カーラごめん。



全身が硬直していて倒れたまま何もできない。どこが悪いのかさっぱりわからないので抱いて車に乗せて帰宅した。介助すればゆっくり歩くことはできた。靭帯や腱を要手術レベルで損傷していたら私の手には負えない。整形の専門医のHPをチェックして、翌日なら専門医がいることを確認。
14051587_1250271318348352_1196896790031552894_n (300x169).jpg

次にカーラを寝かせてボディケア。なにしろ全身が硬直している。優しく優しくほぐしていく。肩、肘、腰、膝、体幹、どこもケアできる。最後に悲鳴を上げたのが左前肢の指の付け根の関節だった。そこ以外は大丈夫。でも左前肢の足先が痛くて使い物にならない。靭帯や腱ではなさそう。感触としては捻挫。しかし骨折も捨てきれない。では明日の専門医はやめて夕方にでも地元でレントゲンを撮ろうか?しかし夫や友人と話して自分を落ち着かせながら状況を整理する。捻挫でも骨折でも治療法は同じ。保定と安静。鎮痛剤などは治癒の邪魔にしかならない。それならレントゲン撮影はカーラのためじゃなくて飼主の自己満足のためってことだから要安静の犬を動かしてまでしなくていいと判断した。

安静。Rhus Toxレメディの連続投与。VCとクエン酸を普段より多めに。自力シッコしてくれるのはいいけど動くと不自然に力んでしまい、何かするたびに全身が硬直するので、1日に何度でもボディケアして緩める。患部以外は緩めまくる。患部は不完全かもしれないが保定してみる。

14095974_1250271368348347_1025831655893197075_n (169x300).jpg

昨日から生まれたての小鹿みたいだったカーラが、今日の夕方には少し良くなってきた。昼までは殆どの時間をぐったり寝て過ごしていたのに、台所で人参を切っているのをブランビーが見に来たら、カーラも「私も欲しい!」とやってきてオスワリしたのだ。食欲って偉大だ♪・・・いや、アナタまだまだ要安静なんだから気軽に動いてもらっちゃ困るし、痛みもまだまだある。でも痛みを受け入れるって大事だとカーラを見ていて思った。瞳の中の不安がだんだん小さくなってきたね。

1日たっても患部が腫れないので骨折はないかな。剥離骨折はまだ捨てきれない。必要ならもう少し回復してからレントゲン撮るか?でも捻挫がいいな。捻挫でありますように。オヤツに煮干しあげてるんだから捻挫にしてくれ。

今回のことは私の落ち度だ。しかし2つある私の座右の銘のうち1つが「転んでもタダでは起きない」だ。知識と技術を総動員して全力でカーラを助けるし、その過程で沢山勉強してみせる。抱っこでトイレに連れて行ったりすると老犬介護が突然始まったみたいでかなり切ないけれど、時間はかけてもじっくり治すからね。

最後にブランビー!私がカーラを抱っこする度にヤキモチやいて怒るのやめろ。昨夜はカーラに対して一瞬威嚇したのを飼主にがっつり叱られ、今日は少し我慢しているみたいだけど。君のリフレッシュも考えるから、とりあえず今はカーラ最優先で。

posted by NAO at 18:39 | Comment(2) | カーラ(Cara) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カーラさん、その後どうかな?さらに落ち着いてきたかしら。
年とって体がついていかなくなってきてても、今までどおりの感覚で動いちゃうんだよね。
バジルも歩道の段差に乗るのに遠くから飛んじゃって顎打ったりしたことがあったわ。
こちらが注意していても全てを想定するのは難しいよね。
でもNAOさんのケアがあるからその後はきっと回復早いね。
あとはブー様が優しく協力してくれますように( ̄∀ ̄*)
Posted by KAO at 2016年08月26日 12:44
KAOさん、ありがとう。
バッちゃんも似たようなことがあったのね。確かに全てを把握して想定するのは難しいけど、私の犬が運動で怪我したのは初めてだったからショックだったよ。
まだまだ試行錯誤でもがいているけど頑張ります!
ブー様・・・彼女の辞書に「いたわり」という文字を書き加えたいのだけどどうすればいい?( ̄д ̄;)
Posted by NAO at 2016年08月27日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]