2015年12月30日

静かなスタートを切りたい件

ブランビーとのアジの最大の問題は、色んな点で私がブーのパワーに押し負けているところにある。興奮して鬼のような形相で駆けてくるブーを見て焦ってしまい、落ち着いてさばけないのだ。落ち着けば(私の運動能力でも)容易いことが出来なくなってしまう。練習より大会になると興奮度がより増すので、我ながら情けない姿をさらしてしまうことが多い。

せめてスタート。スタートだけでも落ち着いて切らせて貰えればと、今までも先生方の助言を頂きながら苦心を続けてきた。だからわざわざ悪化させるようなことはしていないはずだ。このタイプは「マテ!」とこちらが高圧的に出てはいけない。ますます興奮して逆効果になる。しかし効果的な手段というのが見当たらず、「不安定に動いたり前進しながらかろうじて待つ」「でも大会で興奮MAXになると辛抱たまらずということがある」というのが現状である。

カーラには効果があった褒め殺し作戦は全く効かない。大きな声で褒めると興奮して動くし、穏やかな声で褒めても喜ばない。待っている一瞬を褒めてオヤツをあげに戻ると「ちっ」という顔をする。褒め声もオヤツもその分だけスタートが遅れて邪魔くさいと言いたげな雰囲気である。オヤツではなく、戻って褒めて引っ張りっこ遊びをしてやると喜ぶけれど、それが次のマテに繋がらないでいる。
アレックスは「スタートは居心地の良い場所と思わせろ」と策を授けてくれたがブー様には通じないでいる。

最初はマテが出来たのにアジが楽しくなってくるにつれて乱れてくるという子もいるが、ブーは仔犬の頃からアジを見ると興奮しており、オビレッスンではきちんと待てていたのに初回のアジレッスンで目の前にハードル(バーは地面に置いてあったが)を置かれた瞬間から目の色が変わってじっとしておれなかった。筋金入りである。DNAに「スタートでマテとかなんぼのもんじゃい666」とか記載されているのかもしれない。

先日の練習会で同じ悩みをもつ友人と話し込んだ。どういう時が一番マテないのか、どんな気持でいるのかと。で、話ながら整理されたことがある。「アジをしたくてたまらないから待てないのだ」「他の犬がいる環境では負けん気が出るので更に待つのが難しい」という今更な結論なのだけど、「アジが好きすぎて」という現実を今まで「そんなことではイカンのだ」と否定してきたが、これを受け入れた上でコントロールしていく発想というのはどうだろうと考えた。

待てないならスタートしない。

特に目新しい策ではない。「究極の方法だけど、1回や2回でクレイジーな犬には通用しない」と聞いていて試してはいなかった。が、親馬鹿上等だけどブランビーはとても頭がいい。我家の歴代で一番クールだったエリーをもしのぐかもしれない。彼女の欲の強さ&頭の良さに賭けてみようと思った。

練習会翌日。短時間と決めてフィールドに行く。たまたまDWとスラロームが置いてあった間にハードル2本置いただけ。きちんと待てないなら走らせないと決意している。それだけで私から出るオーラが違うのか、妙に神妙に待つデビル。撮影しても動かない。
1013337_1066318156743670_3542143217870553445_n (300x450).jpg


走らせる。走らせて興奮させる。すると次はスタート位置でSitしながら1歩前に動いた。はい、おしまい。カーラと遊んで私はドリンクで一服。
次。何度目かにまた興奮して動いたブランビーの目前にあったハードルを黙って撤収してやった。もう凄くショックを受けた顔をして必死に考えていた。
残り1本のハードルとスラ、DWで同じように遊び、結局最後のハードルも撤収されてこの日は帰宅。記録的に短い滞在時間となった。

翌々日。スタートでの態度が劇的に改善していた。回を重ねるとまだまだ怪しいけれど、この方法でいいのかもしれない。

26日のレッスン。
4頭でのグループレッスンだった。ブーは2番目に入れてもらい、スタートで動いたらすぐに退場するので5番目にもう1度入れて欲しいとお願いした。5番目も動いたらその回はコース検分だけでいいと思った。
自主練のときよりずっとブーは興奮し、スタートで落ち着いているとは言えなかったが曲がりなりにも待ったのでスタートした。私はスタートで精力を使い果たしているのですぐに失敗し、先生からスタートからやり直しを命じられることばかり(爆)で、その後のスタートはますますNo goodだったが、一旦始めてしまったものを退場しにくいジレンマに苦しんだ。ブーもずるいのだ。後足は移動せずに前足だけバタバタする態なのだ。ああ、いかんっ!

で、本日の自主練。
前週の自主練より落ち着きを失っていたが、レッスンよりはマシだった。今日は3本用意したハードルがそこそこの回数もったね。結局最後は3本とも撤収しちゃったけど、その度にショックを受けて考え込むデビルの頭脳に来年は期待しているよ。アジを早く始めたかったら落ち着いて待機するのが一番の早道だってことをわかって下さい。
来年早々の練習会では動いたらそのまま退場するからね!頑張れブランビー、そして頑張れNAO!一貫した態度を貫かなくてはご理解は得られないぞ!

大変ね〜!私が現役だった頃が懐かしいでしょ?
10253754_1066318183410334_8909909412597438248_n (253x450).jpg
posted by NAO at 15:30 | Comment(0) | アジリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]